泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

銀の鈴を目指して走った

  1. TOP
  2. 恋人
  3. 銀の鈴を目指して走った
何故か怒りでキレてしまい、Y子を先生に任せて、教室に戻った

怒りのまま教室に入ると、Y子に怪我を合わせた奴と目が合った

俺は「おい 後で謝っとけよ」すると「誰が?」とおどけた調子で返してきた

次の瞬間、俺はそいつの顔面を何発も殴っていた…

51 :40:2008/03/02(日) 08:45:56 ID:vMVMfjPrO
保健室から治療を終えクラスに戻ってきたY子

入ってきたと同時に俺に視線を合わせて来た、

思えばちゃんとY子と目と目が合ったのってその時が初めてだったと記憶する
SPONSORED LINK

Y子が静かに席につくと、隣の怪我させた奴が鼻にティッシュを詰め、腫れ上がった顔を隠すように…

それを見たY子の滅多に変わらない表情が変わったのを今でも覚えてる

放課後、資料室に呼び出され、担任にこってり絞られました

俺は俺でY子の名前を出さず、先生は先生で、Y子の怪我と奴の怪我についての関連には知ってか知らずか

お互いに腫れ物に触らないような、なんとも意味のない反省をさせられました

むしゃくしゃしてたので久しぶりにサッカー部の後輩共でも見て帰ろうかなと下駄箱につくと

幽霊かと思うほど、ひっそりと立つY子がいました

オドオドとしながらも何かを言いたそうなY子

「どうした?まだ帰んねえのか?……怪我…大丈夫か?」

そんな事を言ったと思う。

無言でコクッとだけ頷くY子

ちょっぴりはにかんだようにも見えた。

表情を全く変えないY子のはにかんだような姿に

なんか悪ガキながらも、可愛いと言うか、なんともたまらない感情になってしまい思わず

「怪我してるし心配だから家まで送ってくよ」当時の中坊には信じられないような台詞を言ってしまった

「う…うん大丈夫… 一人で帰れる…」 なんかその時、Y子が転校して来て一ヶ月、初めてY子の声らしい声を聞いたと思う

一人で帰れると言っていたY子、結局後ろを振り返って見れば、離れた位置にY子の姿が…
(Y子の住んでるらしいスラムと言われてる場所は、俺の帰宅途中にある)

思わず足を止めてY子を待ってしまった

噂でY子の家は知っていたが、とぼけるように

「なんだ方向一緒じゃんかよ」

その時 初めてY子はクスッと笑い笑顔を見せた

52 :40:2008/03/02(日) 10:02:06 ID:vMVMfjPrO
初めて見せてくれたY子の笑顔

何を喋ったが所々しか覚えてないが

ほとんど一方通行な俺の会話を、教室では見せた事のナイ笑顔で聞いてくれてた記憶が

クラスの中ではバイキン扱いのY子だったが、近くで見ても誰が見ても

はっきり言って美少女でした。

伸ばしっぱなしの髪はオシャレのカケラもなかったが

今で言えば…あんなゴスロリメイクしてたわけではナイが、中島美嘉みたいな感じの美少女でした

差別意識などあった訳ではナイが、Y子の住んでるスラムと言われてた場所は、20年以上前と言えど、そこだけ時計が止まったような地域でした

「親に怪我の事、上手く説明しとこうか?」

「大丈夫です…いろいろありがとう…」同級生に敬語を使うY子

小走りに家に入っていきました

次の日の教室 当時の中坊の生活の中では、男子が女子を助けるなんて事、あまりなかった行為だったと思う

今まで人気モンだった俺を、みんなが冷ややかな視線を投げ付けてくる

俺の事を見てヒソヒソ言ってる奴らもいる…

どうって事ネェよと開き直る俺

目と目が合ったY子の所に近付き「ヨォ 怪我は大丈夫か?」と

しかしながら昨日、俺に見せてくれた笑顔とは違い冴えない表情

どうやら後で知ったが俺が来るまで被害者のはずのY子

何が面白くないのか一部の生徒達からつるしあげみたいな目にあってたらしい

オマケにY子の家庭環境などの事などをY子に直接叩き付けたらしい

中坊くらいの時期って今考えてみると残酷極まりない人種でしたね

銀の鈴を目指して走った 現在 3491pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+