泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

相合い傘

  1. TOP
  2. 交流
  3. 相合い傘

名前:ハマチ 投稿日:2012-01-28

高校生の時、嫌な事があった
クラス全員から冷たい目で見られてるような気がした。
学校帰りの夕方、運悪く朝は晴れていたのに
どしゃ降りの雨が降ってきた
バス停で濡れ、バスを降りる時、濡れた床に足を取られ、
豪快にぶっ倒れた。
バスの運転手が面倒くさそうに、「大丈夫か?」の一言
その顔がひどく冷淡に見え、
返事もせず、慌ててバスを降りる俺
まだ強く雨が降っている
傘など持ってない俺
転んでドロドロだしどうでもいいわと歩き出すと、背後から
声をかけられた「あの~○○寺に行きたいんですが」
眼鏡をかけた初老のおじさんと、妻らしき人

SPONSORED LINK
うっとおしく思いながらも
丁寧に道を教える俺
足早に帰ろうとしたら、
「行き先途中まで一緒に行きませんか」とおじさん
俺が不機嫌な顔で断っても
「まぁいいじゃないですか」とニコニコしながら傘に入れてくれたおじさん
体の大きい俺。おじさんの傘は小さく、肩がはみ出て濡れてしまう
俺が濡れたら悪いので走って帰りますと言っても、「濡れついで。道もわからないしつきあってくださいな」寺は一本道なんだけどな。
そうこうしてるうちに俺の家の前まで来た
「ありがとうございました。寺はすぐそこです」と礼を言うと、おじさんは
「ありがとう助かったよ。風邪ひくからすぐ体ふきなよ。じゃあね」と、寺に向かい歩き始めた。
なぜか小さくなっていくおじさんの背中を
眺めていた俺。おじさんの奥さんの声が聞こえたんだよね
「お父さん、寺なんか行ってどうするんですか(笑)もう閉まってるだろうし」おじさん傘に俺を入れるため
行きたくもない寺まで歩いてくれたのかな
雨で冷たくなったはずなのに
なぜか俺の体があったかくなるような感じがしました

相合い傘 現在 97pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+