泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

読めない手紙

  1. TOP
  2. 恋人
  3. 読めない手紙

名前:ひより 投稿日:2016-08-06

幼稚園から一緒の幼馴染の男の子がいた。

私は今でも覚えている。
彼に恋した日のことを。

幼稚園で意味もなく友達に責められてる時、唯一私の側にいてくれてギュッと手を握ってくれた彼に私は恋に落ちた。
それからは子供ながらに「好きだよ」とか自分なりにアピールをしていた。
ませてたな、、、。
彼は顔を赤くするだけで答えてはくれなかった。

彼とは小学校は一緒だったが中学校は別々になった。

小学生の時も周りに冷やかされるぐらい仲がよく私は大好きだった。
彼は私の事を少しでも意識してくれていたのかな?

SPONSORED LINK

中学校からは私も素直に好きというのが恥ずかしくなり、小学校からの友達とかに冷やかされるたび否定をしていた。
彼との距離も離れていった気がする。

密かな私の恋心は冷めることはなく、彼と同じ高校に行きたくて必死に勉強をした。
中学校はお互い絡む事もなく、特に思い出もないまま進んでしまったから高校では、、、っと期待を込めて彼と同じ高校へ入学した。

高校からは中学生の時の時間を取り戻すぐらい一緒に過ごした。
高校2年生の夏。

8月に花火大会があるので勇気を出して彼を誘った。
彼の誕生日は8月28日その2日前の日曜日に花火大会があるので誕生日のサプライズと告白を考えていた。

8月26日。
彼は待ち合わせには来なかった。
慣れない暑い浴衣を着て待っていたのに来てはくれなかった。
1人とぼとぼと歩いて家に帰ろうとしていた時、親からの電話がなった。

母「あんた今どこにいるの?」
私「〇〇公園にいる」
母「今からお父さんと向かうから待ってなさい!」

お母さんはすごい焦っていたのを今でも覚えている。
尋常じゃないぐらいの早口な口調と大きな声だった。
数分もしないうちに親が来た。
来るなりすぐ車に乗せられ、訳もわからないまま病院へと連れてこられた。

親が先生と何かお話をしている。
病院には学校の先生とお医者さんと私の親と彼の親がいた。
私の足りない頭では理解が難しかった。

お医者さんに連れて行かれたところは病室ではなかった。
薄暗い部屋にベット?みたいな所に人が寝かされていて顔には白いタオルがかかっていた。
ここでようやく頭が追いついた私。

そっとベットに近づき顔のタオルを取ろうとするも彼の親から見ないほうがいいと止められた。
私が彼を公園で待っている間、彼は飲酒運転の車にひかれ即死だったらしい。

私は嘘だよ!って馬鹿だなって笑いながら私の頭を撫でてくれるんじゃないか。
もしかしたら慣れない悪戯をしようとしているんじゃないかって。
また、あの人を馬鹿みたいに見てくる目で私の顔を見てくれるんじゃないかって。

ずっと待ってた。
起きて笑いかけてくれるのを。
優しく頭を撫でてくれるのを、、、

けどいくら時間が過ぎても彼は起き上がらない。周りから聞こえてくる泣き声と耳鳴りが私の頭を刺激した。

もう彼は帰ってこないんだって、彼は私の側にいてくれないんだって。

どうして。どうして彼なの。
なぜお酒を飲んで運転したの。
死ぬのが彼じゃないとダメなの。
他の人でいいじゃん。
何処にもぶつけられない気持ちが私の中で渦巻いていた。

好きだって叫んだ。
起きてって泣きながらお願いした。
どうしてと何度も何度も周りへ投げかけた。
意味のない私の叫びは消されていく。

親になだめられるが私は彼の側を離れたくない一心だった。
側にいてと、、、もう届かない彼へ何度も投げかけた。
冷たい彼の手を離したくはなかった。

抜け殻のようになった私に彼の親から彼が持っていたと言う手紙をもらった。
ぐちゃぐちゃで血がついていた。
読む気になれなかった。
読んでしまったら彼が死んだということを実感してしまう。現実から逃げていた。

あれから、3年。

彼への気持ちを消せないでいる私。
今だに彼からの手紙を読めないでいる私。

忘れられないでいる私は今日、彼を解放しようと思い書きました。

彼の手紙にはつたない字で「大好き」と書かれていた。
血で汚れて滲んで見えない手紙。

所々よくわからなかったが、
その文字は綺麗に残っていた。

読めない手紙 現在 998pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+