泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

お父さんの唯一の楽しみ

  1. TOP
  2. 家族
  3. お父さんの唯一の楽しみ

名前:ゆき 投稿日:2016-06-08

私の家系は少し複雑な家庭で父と母は離婚して別々にくらしています。

私は三姉妹の末っ子で父に会いに行くのもわたしだけでした。
姉二人なんて父と十年近くあっていません。

今年に入ってある日父から電話があり
「わいな癌やったみたいや。さえ(仮名、一番上の姉)にはもう言ってる。大丈夫医者も治るってゆうとったさかい。」
と連絡がありました。

わたしは心配になり次の休みに会いに行くと父に伝え3日後に父に会いに行きました。

父はお婆ちゃんと二人で暮らしており父の家につくと父のいる二階の部屋にお婆ちゃんが案内してくれました。
父に会ってみると布団で横になっており腹水もたまっているのかお腹もはっていてとても苦しそうでした。

SPONSORED LINK
私の顔を見ると「ようきたな。ゆき(仮名)」と言い上体を起こし笑顔で言ってくれ頭を撫でてくれました。
その後夕飯の時間だったこともあり父と一緒にご飯を食べました。
父はあまり食欲がないのか3口程で食べるのをやめてしまいました。

食後は父と一緒に横になりいっぱいしゃべります。
一緒に笑いあいました。

父が急に真剣な顔になり
「わいなあと3ヶ月の命やねんと。でも大丈夫やお前と約束したドライブや釣り行きたいさか絶対になおしたるわ。」
と言いました。

そして私の頭を撫でて「もう寝ろ」と言われた為寝ました。

夜中も父はトイレに何回も行き階段の登り降りが辛いのか二階に上がってきたらヒューヒューと呼吸をしていました。

ですが私と一緒に寝ている部屋には呼吸を整えてから絶対に入り私の頭を何度も撫でていました。

次の日の夕方に私は家に帰りました。
私が帰って2日後に父は病院に入院してしまいました。

次の休みに父に会いに行くと
「ようきた。ゆきのこと待っててんで。さっきなみき(仮名、真ん中の姉)来てくれてな孫の姿みせてくれてん。こんなんにおおきなってんな。嬉しいさかみんなに自慢しやんねら。」
と笑顔で言っていました。

みきと父はもう十年程会っていなかったし孫も初めて見たのでとってもうれしかったのでしょう。

そしてその日も父とたわいのない話をして帰りました。
次の日姉二人が父に会いに行きました。
帰ってきた姉二人から聞いたのですが
「お父さん医者からは3ヶ月って言われてたけどほんまは後一週間もつかやって。」
と言われました。
(一番上の姉は看護師をしており父の状態があまりにも悪い為医者に聞きにいったそうです)

それから毎日会えるときは会いに行きました。
次の日には父はオムツをつけており、まともに言葉も出せていませんでしたが、

私が「お父さん」っと呼ぶとニコッと笑うって「ゆき」っと小さく呼ぶのです。

その後は会いに行くと点滴をしており、
薬のせいか意識も朦朧としていました。
ずっと眠っており父の顔だけみてその日は帰ることにしました。

そして三姉妹で会いに行きました。

私とみきは手を握りさえは足をさすって「お父さん」っと呼ぶと朦朧とする意識の中うっすらと目を開けてニコッっと笑うのです。

そして聞き取ることは出来ませんでしたが小さな声で喋ってくれました。
そしてまた声をかけるとニコッっと笑いました。

そして「また明日くるよ。」と言うとニコッっと笑い「わかった。」と言いました。

そして私は次の日仕事に行きました。
いった日の昼食の際に姉から電話があり
「お父さん死んだで。最後苦しむことなくゆっくりと息をひきとったみたいや。」
と言われました。

私は仕事が終ったあと父に会いに行きました。
父の死に顔を見ると今からでも起きてきて「なんな。」っと言ってきそうで私は泣いてしまいました。

親戚から「お父さんなゆきちゃんのこと大切にしてて会いに来てくれるときは皆に言いやってんで。お父さんの唯一の楽しみやってんもん。孫みたときも皆に自慢してこいわいの孫やねんかわいいろって。ほんで来てくれた知り合い皆にわいの娘と孫に何かあったら守ったってほしいって頭下げながらおねがいしやったわ。」
と言われました。

私はその時もっと父に会いに来てあげればよかったと思い泣いてしまいました。
もっと一緒にいたかった。
いままでありがとうお父さん。

お父さんの唯一の楽しみ 現在 241pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+