泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

祖母のくれた包丁をみて

  1. TOP
  2. 家族
  3. 祖母のくれた包丁をみて

名前:けこ 投稿日:2017-09-07

私の台所包丁は、祖母の家のものだった。

東京での独り暮らしの荷造りをしていたとき、貰ったのだ。

その他にも、布団、タオルケット、敷布団、米びつ。

東京に来て十四年経ったけれど、今も使っている。


私は祖母が大好きだ。


私の母は人格障害者で、
「お前の貯金をよこさないと自殺する」

SPONSORED LINK
なんて言い出す人だ。

祖母は母の代わりに私の食事を作ってくれた。

かわいいねえと何度も頭を撫でてくれた。


昔のことを思い出しては泣きそうになる。

私は年に二回、
祖母のいるグループホームに行く。

盆と正月、飛行機に乗って。

祖母の認知症は緩やかに進行した。

以前は私を忘れてしまっただけだったけれど、
今は言葉を発することができない。

そのことが寂しくて、
グループホームを出たあとはいつも涙を流していた。



最近、病気にかかり、食生活を見直そうと自炊を始めた。

ゴーヤがうまく切れなくて、この包丁、ずっと研いでいないと思った。

祖母がくれたときから。

東京の大学に合格し、急遽私は北海道を離れることになった。

祖母はかなり必死になって荷造りを手伝ってくれた。

18の私は、なんとかなる、という楽観しか持っていなかったが、東京での独り暮らしは、なかなかどうして過酷なものだった。


祖母は、

いつも、

私が本当に欲しいものをくれた。

それは、

今も私の生活の一部だ。

祖母のくれた包丁をみて 現在 1030pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+