泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

一緒に遊ばない?

  1. TOP
  2. 友達
  3. 一緒に遊ばない?

名前:忘れんぼ 投稿日:2016-10-18

これは私が小学2年、3年生の頃の話です。

両親が離婚して、母子家庭となり、1人でいるのが怖かった私はしょっちゅう児童館に行ってました。
学童保育という手もあったのですが、当時は希望者が多くて入れる人はほんと少ししかいませんでした。

児童館に行く時は必ず友達と行ってました。
一人になるのが怖かったから。
時には男友達とも遊んでました。
どうしても1人にはなりたくなかったから。

ある日、男友達も友達も児童館に来れない日がきました。
私は怖くて、怖くて、どうしようも無く児童館にきました。
何をすればいいかもわからなくて、泣きそうになっていた時。

SPONSORED LINK
「私、1年生の△△って言うの!一緒に遊ばない?」

一つ下の、1年生の女の子に話しかけられました。

半泣きの私は震えた声で、うん。と答えました。

それからは友達が来れない日は毎日彼女と遊んでいました。

三年生に上がる頃、学童保育に空きができました。
親は私を心配して学童保育に入れてくれました。

学童に入ってからは、寂しい思いをせずにすんだので幸せでした。
いつしか、彼女の存在は薄れて行きました。

ある朝、友達と登校していると彼女に話しかけられました。

「私ちゃん、おはよう!!」

「あ、おはよ…」

友達と楽しく話していたのに、邪魔されたなぁ、と思ってしまいました。

その数カ月後、彼女の事すら頭になくなったとき。

朝、学校に入ると、先生達が慌ただしく動いてました。

1年生の女の子は必死に先生に話してました。

「…それでね!その女の子、倒れてて、鼻から血がすごい出てたの!」

私はドキッとしました。
まぁ、私には関係ないよね。
なんて思って、普通に過ごしてました。

お昼を過ぎた頃、全校放送で朝礼を行うと放送されました。
昼礼でしょ?なんて思いながら、体育館に向かいました。

校長は真っ赤なまぶたと目で、震えた唇に赤い顔で、話しました。


「2年生の△△さんが今朝、交通事故にあってお亡くなりになられました。」



え?あの△△ちゃんが?

「とてもとても優しい子で、毎朝挨拶をしてくれて…。先生は急いで病院に駆けつけたのですが…っ。その頃には…」


夢であってほしかった。
ただ、涙は出なかった。


数日後、お別れ会をすると聞き、私は会場に駆けつけた。

会場のホールに入るなり、私は絶句した。

△△ちゃんの綺麗な顔が一番奥の真ん中に、写真として、遺影として飾ってあったから。

「どうぞ。真ん中の△△ちゃんにあげてください…」

知らないお母さんに花を2個ほど渡された。

周りが二年生で溢れる中、三年生の友達が話しかけてきた。

「ほんと、かわいそうだよねぇ」

「うんうん。あ、私ちゃん、花あげてきちゃいなよ」

三年生の友達はみんな、交流の為に来たのか!と言いたくなるくらい軽かった。
そして、笑っていた。

私は恐る恐る、人が集まる箱の前にきた。


そこには、花で埋まる彼女がいた。

綺麗な黒髪は少し短くなっていて、唇がぷるぷるで、ファンデーションを塗っているようで…。

綺麗な顔が化粧で更に綺麗になっていた。

眠っているような顔で、すぐ起きるんじゃないか、なんて思ってしまった。

私はそっと花を置いた瞬間、彼女の肌に触れた。

とても、冷たい。

一緒に遊ばない? 現在 798pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+