泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

幸福の犬「ナオ」

  1. TOP
  2. 動物
  3. 幸福の犬「ナオ」

名前:わか(∫・<・)∫ 投稿日:2016-08-03

昔、うちでは一匹の犬を飼っていた。

名前はナオ。

ご近所の家で産まれた犬を、妹が皆に相談もしないで貰って来やがった。

当時うちの妹は中学生、俺は高校卒業して働いていた。

親父はタクシーの運転手、母は呑み屋のホステスをしていた。

「うちに犬を飼う余裕なんか無い」

皆で余計な厄介者が来たと罵倒するも、妹は学校から帰ると、その犬の面倒を独りで見ていた。

SPONSORED LINK
家族から半ば孤立状態だった妹は、その犬を可愛がり、一年が過ぎた。


ある日寒い夜、免許取り立ての俺が買ったばかりの車で帰って来ると、その犬は尻尾を振りながら車の傍へ来て来てクンクン鳴いていた。

気がつくと毛並みも良く、立派な柴犬に成長していた。

二階の窓から、妹が申し訳なさそうに覗いてやがる。

「あぁ、冬だから、寒いんだなぁ、車の横、暖かいか」

俺がそう言うと、妹が少本当に申し訳なさそうに降りて来て

「お兄ちゃん、ナオが寒がって、かわいそう」
と言う。

この時間、親は二人とも仕事で居ない。

だから俺は、その時初めて、ベニヤ板で小屋を作ってやったんだ。

どこで用意したのか、妹が汽船の毛布を出して来て、その小さなベニヤ小屋に入れてやってた。

妹は嬉しそうに顔を輝かせながら、ナオを小屋に入れて、ブラシで背中を擦ってた。

俺はその姿を見て、妹とナオは絆でつながっていると、初めて気づいたんだ。


それからうちの家庭は明るくなった。


最初は犬を毛嫌いしていた親父も、休みの日にはナオを散歩に連れて行くようになり、母は仕事出勤前にナオのご飯係、その他手が空いた人が散歩係と、皆で持ち場が自然に出来た。


やがて親父の借金も返済が終わり、家庭は一層朗らかになった。

それでも夫婦喧嘩、兄妹喧嘩、妹の受験、俺の病気&転職と、転機ある毎にナオに励まされ、あいつのおかげで、一つ一つ、笑顔でやり過ごせた。

その妹も結婚して、遠い街へ嫁いで行った。
ナオは寂しそうに遠吠えした。

ぶっきらぼうだが優しい親父も死んだ。
その時もナオは寂しそうに遠吠えした。

母が再婚し、街へ嫁いで行った。
ナオは寂しそうに遠吠えした。


最後はナオと俺だけになっちまった。
まさか俺が、ナオとこんなに仲良くなるとは、誰が想像しただろう。
自分でも信じられないよ。
なあ、ナオよ。

去年の夏、ナオは17才で死んだ。

今、俺は親父とナオの位牌を仏壇に飾っている。

幸福の犬「ナオ」 現在 168pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+