泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

ばあちゃんのお小遣い

  1. TOP
  2. 家族
  3. ばあちゃんのお小遣い

名前:bloom 投稿日:2015-10-03

自分には77歳のばあちゃんがいる。
(父方)

数か月前にじいちゃんが亡くなり、最近はあまり元気がない。


でも、家から車で20分とか25分で行ける距離だから、父と定期的に行くようにしている。


お墓のこととか、色々とこれからも決めることがたくさんあるんだけど、そういえば実感したことがある。


じいちゃんの体調が悪くなってからは、家に行くたびにお小遣いをもらっていた。

SPONSORED LINK

1000円だったり、2000円だったり、じいちゃんの気分によりけり。


学生からしたらありがたすぎるし、母も「いいのに…」と言っていた。

でもじいちゃんもばあちゃんも、
「お金の使い道って年寄りになったらそんなにないから」
と言って、
わざわざポチ袋に入れて、ばあちゃんの達筆な字でいつも
「○○様(○○は名前)、
 これからも頑張ってください
祖父母」
と書かれていた。

言葉は変わることがあり、テスト後だったら
「成績、良かったそうですネ。また、頑張ってね!」
とか、コンクール前だと
「良い結果であるようにじいちゃんとばあちゃんも応援しています」
とか。

でもじいちゃんが亡くなってからは、
「ばあちゃん寂しいけん、あんたが泊りに来るなら1000円やろうかね」
と言っていた。
「1泊で1000円あげるけん、2泊していったら2000円よ」
とか笑っていたけど、やっぱり1人って相当きついんだろうな。

で、この間もお小遣いをもらった。
「季節の変わり目、風邪には気を付けて」
とこれまた達筆な字で書かれていた。

いやいや、ばあちゃんの方が気を付けてよ…
とつっこんだが、その下に
「祖母」としか書かれていなくて、

あぁ、そっか。

と思った。

50年以上連れ添ってきた人が急にいなくなるのは悲しいんだな、って感じた。

だから、時間を見つけてばあちゃんに会いに行こうと思う。

ばあちゃんのお小遣い 現在 263pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+