泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

先生が泣いた

  1. TOP
  2. 交流
  3. 先生が泣いた

名前:味噌煮 投稿日:2015-04-24

私がその先生に出会ったのは中学校一年生の時だった。
先生は私のクラスの担任だった。

明るくて元気いっぱい。
けれど怒るときはものすごい勢いで怒る。
そんなパワフルな先生が、私はとっても好きだった。

この先生が担任で本当によかったと思った。

一年生の後半ごろ、私はいじめを受けた。
どんなものだったかは敢えて言わない。
とてもつらかったのを覚えている。
だけど、先生をはじめとしたどの人物にも言えなかった。
私は小学校の頃にもいじめを受けていて、それを解決するのがどれだけ面倒くさいか知っていたからだ。

SPONSORED LINK
いじめっ子と何度も話し合いをさせられる。
だけど、そんなことをしたって彼らの性格が直る訳でもない。
時間の無駄だと思った。
誰かに言ったら話し合いをしなければならない。
とにかくそれが嫌だったから、私はひたすら我慢した。

そんなあるとき、私は先生に呼び出された。

なんだろうと思って行ってみると、いじめのことがばれていた。
誰かが先生に言ったらしい。
仕方がないから白状した。
すると先生は私の話を頷きながら聞いてくれて、途中で顔をしかめたりもしていた。

話が終わると、
「大体わかったよ。その人たちにはがっつり言っておかなきゃな…」
険しい顔で先生が言った。

どうやら、彼らとの話し合いをさせるつもりはないらしい。
私は内心喜んだ。

だがその気持ちは、先生の言葉にかき消されることになる。
「なんで黙っていたの?」
追求という形ではなく、純粋な疑問形だった。

私はうまく答えられなかった。
「めんどくさい」
では済まされない。

私が黙っていると、
「気づいてあげられなくて、ごめんな…」
しんみりとした、先生の声が聞こえた。

あのパワフルな先生から出たものとは思えないほど。
何も言えなかった。

申し訳ない気持ちで、胸が張り裂けそうになった。
恐る恐る顔色をうかがってみると、少し目に涙が浮かんでいるように思えた。

私が先生の涙を見たのは、これが最初で最後だ。

いじめの問題はみごと解決した。
いじめっ子たちは言葉通りがっつり叱られたらしく、以後は本当におとなしくしていた。
私の気持ちを尊重して、先生は親にいじめのことを言わなかった。
最後までいい人だと思った。

私が中学二年生に進級して以来、その先生とかかわることはなかった。
ただ、廊下でその先生とすれ違うたび、いつも胸が痛んだ。

先生の涙は、

中学校はとっくに卒業した今も忘れられない。

たぶん

これからも

先生が泣いた 現在 281pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+