泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

幼なじみと約束の日

  1. TOP
  2. 友達
  3. 幼なじみと約束の日

名前:xh 投稿日:2015-04-05

小さい頃から私と彼はいつも一緒でした。
周りがカップルに間違えるほどの仲でした。

私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは高3のときです。
今思うと、その前から恋愛感情を抱いていたと思います。
近すぎた距離と今の関係を、恋人ではないけど彼にとって特別な存在である自分の立場を壊したくないという思いから気づかないフリをしていたのだと思います。

私が自分の気持ちに気付いたきっかけは、友達が彼のことが好きだと私に打ち明け、今まで2人きりだった登下校に友達が入ってきてからです。
何故だかわからないけど、2人が楽しそうに話している様子をみるとイライラし、2人でいる時間が少なくなったなと思うたびに胸が痛くなり、寂しくなる。
自分でも最低だと感じるようなことを思ったりしていました。

決定的だったのは、友達の告白を彼が断ったとき、ホッとした自分を感じてからです。
この時から私は幼なじみとしてではなく、好きな人として意識していきました。

SPONSORED LINK
ずっと気持ちを伝えられず、私は大阪に進学、彼は地元で就職と離れる時期になってしまいました。
もう少しで大阪に行かなければならないという時期、私達は私が向こうに行く前に会う約束をしていました。

私にとって最後のチャンス、気持ちを伝えようと思っていました。


約束の日、待っていた私を見つけたかれは手を振りながら走ってきました。

だけど、彼の姿は私の目の前から消えていました。


ハッとした時、彼は頭から血を流しながら横たわっていたんです。

頭が真っ白になり、状況に付いていけずその場に立ち尽くすことしかできず、状況に頭がついていった時には人目も気にせず泣くことしかできずにいました。
彼の名前を必死に呼び、泣いていたことしか覚えていません。

彼は病院に運ばれ、お医者さんのおかげで命は助かりました。
だけど、意識は戻りませんでした。

目を瞑った彼のそばにいるとき、看護師の方が私に小さな紙袋を渡してきました。
中身は私への誕生日プレゼントとメッセージカードでした。彼はその日から目を覚ますことはありませんでした。
私が専門学校を卒業する春、彼は息を引き取りました。

カードには
「H誕生日おめでとう。Hに伝えたいことがあります。俺はずっと前からHが大好きです。
幼なじみのようにしか思ってないかもしれないから、突然で驚いてると思うけど、もし、同じ気持ちだったら28日に今日の待ち合わせ場所と同じ場所に今日と同じ時間に来てください。その時は、手紙じゃなくて言葉にして伝えます。」

私は今でも28日には彼との待ち合わせ場所に行き、お供えの花束と彼への想いを綴った手紙を添えています。

当たり前だと思っている日常は当たり前ではない。
1日1日を今日が最後かもしれない、伝えられるのは今日が最後かもしれないと思い、1日を過ごせた感謝をしながら生きていかなければならないと感じました。

私の想いはあの頃から変わりません。
いつまでたってもあなたは私の特別です。

私の想いが遠いあなたに届きますように

幼なじみと約束の日 現在 286pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+