泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

昔ぼくが住んでいた家

  1. TOP
  2. その他
  3. 昔ぼくが住んでいた家

買ってくれた人がいた

大工さんだった

この家を修理しながら住んでくれるそうだ


まだまだ家族で住んだ家はなくならない

これからも新しい家族にかわいがってもらいながら

ずっとそこに在り続けてくれる

SPONSORED LINK

ありがとう

どうか、かわいがってあげてください

古いけれどとても優しいお家です

幸せに暮してください

よい思い出をいっぱい作ってください



321 :大人になった名無しさん:2006/05/07(日) 21:09:12
私がお嫁に行く前に両親と住んでた家は、とても小さい建売り住宅だった。

よくその家の近くを母と散歩した。

その散歩の途中、母が「もうすぐ一緒に散歩も行けなくなるねぇ。」と

寂しそうに言った。

私にとってあの家は「初めての持ち家」という嬉しさと、

「寂しそうな両親を残していく」悲しさの両方の思い出のある家。

今は両親もそこには住んでないけど

母はその家から引っ越す前、ちゃんと写真におさめていた。

その写真を最近見せられたのだけれど、

胸がいっぱいになった。

庭もなく、ベランダも狭い本当に小さい家だったけれど

私ら家族にとっては「お城」だった。

昔ぼくが住んでいた家 現在 237pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい