泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

台風とタクシー

  1. TOP
  2. 交流
  3. 台風とタクシー

名前:うしくん 投稿日:2014-08-11

台風奇譚

タクシーの中でお客さんとどんな話しをするか、
平均で10分前後の短い時間で完結する話題と言えばやはり天気の話しになります。

今日の福岡は台風11号の余波で朝から断続的に激しい雨が降っていました。

午後も遅く、
駅の近くの整骨院からそのおばあちゃんをお乗せした時も─。

「どちらまで行きましょう?」

「近くて悪いけど五条(太宰府市)の○○薬局までお願いできるやろか」

SPONSORED LINK
「了解しました」

普通に走れば10分ほどの距離です。

「よく振りますねー」

「やっぱり台風の影響やろうか」

「四国や近畿は大変みたいですよ」

「福岡は被害が少なくてな有難かよ」
※福岡は去年から台風の直撃が無い。

「オオカミ少年の話しみたいに、
来る来るって言われて来ないとだんだん警戒しなくなりますよね」

「そういう時が本当は一番危なかとよ」

と、ここまでは最近の定番の流れです。

─車は若干の渋滞の中を増水した川に沿って走っていました。

「昔な、私がまだ小学校の三年生やった頃、台風でこの川が氾濫した事があったとよ」

「はあ…」

「家の台所、その当時は土間やった所に水が入って来てな、
母親が学校に行って人を呼んで来なさいって言うとよ」

(長くなりそうな予感)

「その母親は継母で厳しい人やったけん、私は逆らえんで雨風の中に飛び出したと」

「ほほう‥‥」

「ちょうど今ぐらいの時間やったけど空はもっと暗くてね、どこが川なんか分からんくらい辺り一面水浸しやった。
途方に暮れたけど、家に戻ると叱られるってわかっとったからな、
もう無我夢中で土手をよじ登って、
何度も吹き飛ばされそうになりながら学校に向かって走ったとよ。
校舎の裏の崖を今度は半ば流されながら下って、やっと学校にり着いた時には辺りはもう真っ暗やった…」

─車は五条の通りをノロノロと進んでいます。

台風で学校に残っていた先生達は
職員室に駆け込んで来た彼女を見て驚いた様子でしたが、
彼女が事情を話すと数人の男性教師が合羽を着て外に走り出して行きました。

「よくここまで来たね」
「お母さんが寄こしたの?」
「そう…大変だったわね」

残った先生達が彼女を労ってくれました。
皆彼女の家の事情は知っていたようで、
(可哀想にこんな小さな子を台風の中外に出すなんて)
と言う気持ちだったのでしょう。

中でも一人の女性教師が、

「T子ちゃん こんなに濡れて 頑張ったね!
辛かったね
でもお母さんを悪く思わないでね」

と抱きかかえるようにして彼女の身体を拭いてくれました。

「有り難くてね涙が止まらんかったよ」

─あと1つ角を曲がれば薬局が見えてきます。

(そろそろ切り上げ時かな)

僕は、「先生の恩って有難いですね」とかなんとか、無難な合いの手を入れて話しを終わらせようとしました。

しかし、次の彼女の一言で言葉が出なくなりました。

「後で判ったんやけどな、その時の女の先生っていうのが私の本当のお母さんやったんよ」



─車は薬局の駐車場で停止しました。

「ごめんな運転手さん、年寄りの話しに付き合わせて」

「いえ…」

「いくらかな」

台風とタクシー 現在 316pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+