泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

尻尾をブンブン

  1. TOP
  2. 動物
  3. 尻尾をブンブン

名前:あー 投稿日:2014-03-21

もう数年前の話。

私が小学校5年生の時に、ラブラドールを飼った。
名前は、母がつけ「サーブ」に。

飽き性だった私は、散歩も父に任せきになりエサやり当番だけ続けた。
中学、高校は部活一色の生活になり、サーブに関わるのはエサやりの時だけ。
たまーに、ボールで遊んだ記憶があるかな…。

そして、私は短大に進学するため、県外に出て一人暮らしを始めた。
もう、サーブに関わることも無くなり実家に帰省する年、数回しか会わない。

帰る度、尻尾をブンブン振って喜んでくれた。

SPONSORED LINK
それが、当たり前の生活に。
私が大人になっていく分、サーブも年を取っていたことも、気づかずに。

私はそのまま、地元には帰らず就職した。
そして、そんなある日珍しく母から電話がきた。内容は…。
「サーブが弱ってきて、散歩にもいかなくなった」
「もぅ長くないかも」
そう言った内容だったかな。

私の中のサーブは、元気で、走り回る姿しかしらない。
母には「お正月に帰るから」と伝え、その日を待った。

年末になり、私は実家に。
「ただいま~」と、玄関に入ると、そこには、寝たきりになったサーブの姿が。
いつもなら、尻尾を振って私の周りをクルクル回るのに、今のサーブは立てるどころか、尻尾をパタパタと振るだけで…。
私はこんな姿のサーブは知らない。
母によると、この2、3日前から立てなくなりこの状況が続いてると。

私は実家にいる間、毎日サーブを撫で沢山話しかけた。
その時、パタパタと力なく尻尾を振ってくれたよね。


そして、私が帰る時。
「サーブ、帰るね!」
と頭を撫で、玄関を出ようとすると。


今まで寝たきりだったサーブが、ヨロヨロと立ち上がって尻尾を振ってくれた。
私は嬉しくて抱きしめて、家を後にした。

父に駅まで送ってもらい、バスを待っていると、母から電話が。
出ると、泣きながら「サーブ死んだ」と。
私が出た後、すぐに倒れて…。

母は、「あーちゃんが、帰ってくるのを待ってたんだね」と言って泣いていた。
もう、涙しか出なかった。

最期に力を振り絞って、見送ってくれたサーブ。
13年間見てくれてたんだよね。
ありがとう。

尻尾をブンブン 現在 122pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+