泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

5時45分

  1. TOP
  2. 恋人
  3. 5時45分

名前:泣ける名無しさん 投稿日:2009-09-25

417 名前:元関西人 投稿日:02/05/09 01:31 ID:TXphvLvW

あれは忘れもしない7年前の冬。
その頃付き合っていた彼女と週末のひとときを過ごしていた俺は、その頃仕事が
忙しく、精神的に苛ついていた。そのため彼女に素っ気ない態度を取っていた。

彼女が帰り際「明日私お休みだから、泊まりに行ってもいいかな?」と聞いてき
たが、苛ついていた俺は断ってしまった。少し寂しそうな顔をしながら、彼女は
私の住んでいる大阪から、一人で自分のアパートのある神戸に帰っていった。

その夜、風呂上がりに軽く電話で彼女と話をし、そのまま寝た。
次の日の朝、何故か早く目が覚めた。
普段は5時50分に起きるのだが、その日は5時45分くらいに目が覚めたのだ。
なんとなく嫌な予感がした俺はテレビを付け、あと5分の惰眠をむさぼろうとし

SPONSORED LINK
ていた。しかし、テレビではアナウンサーがパニックを起こしていた。
「激しい揺れが・・・!」
その声を聞いた瞬間、地響きが聞こえ空間がゆがんだ気がした。直後、下から突
き上げられた衝撃を受け、部屋全体がゆっさゆっさと揺れ始めた。

それは1995年1月17日 午前5時46分の出来事だった。

でかい地震だったな、と思いながら目が覚めてしまったので仕方なくシャワー
を浴び、出勤の準備をはじめていた俺は、付けっぱなしにしていたテレビの映像
を見て激しく動揺した。
明るくなるについれて、ただの地震でないことが明らかになってきた。
あわてた俺は彼女のアパートに電話をしたが、既に電話はつながらなくなって
いた。交通機関も麻痺状態だった。
仕方なく上司に電話したら、とにかく今日は自宅で待機していろとの事だった。

俺はその日一日、テレビに釘付けになり、とにかく一日中彼女のアパートに電
話し続けていた。しかし一度もつながることはなかった。
ふとテレビに見覚えのある町並みが写った。
しかしその光景は俺の記憶にある光景とは激しく異なっていた。
「うああああああああああああああああああああああ!」
気が狂わんばかりに俺は叫んでいた。一瞬テレビに映った光景は、彼女のアパー
トのある町が激しい炎と煙に巻かれている光景だった。

後日、私の元に一通の手紙が届いた。
私の部屋に泊まりたいと言ったが、結局神戸に帰った日、帰り道である大阪駅の
喫茶店で彼女が俺に書いた手紙だった。
その手紙で、彼女が俺を気遣って俺の側にいたかった事を知った。また今度泊ま
りに行くとも書いてあった。

7年前のあの日に戻れたら、俺は絶対に彼女をアパートに帰さないだろう。
阪神大震災、多くの犠牲者の中に、俺の最愛の女性が含まれている。

5時45分 現在 127pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+