泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

最愛の妻へ

  1. TOP
  2. 夫婦
  3. 最愛の妻へ

名前:名無し 投稿日:2013-03-27

先日、小学5年生の娘が何か書いているのを見つけた。
それは妻への手紙だったよ。

ちょっとかして と言って内容を見た。
まだまだ汚い字だったけど妻への思いが沢山書いてあったよ。

だから、俺は娘に妻の話をしてやった。
いいよな?少しくらい昔話しても。

妻との出会いは何の変哲もない真夏だった、
俺はあんまり人との付き合いが苦手だったから、
外に出る時はいつも音楽プレイヤーを持ち歩き、駅など人が多い所では音楽を聞いていた。
妻と出会った日も多分聞いてたと思う。

SPONSORED LINK
妹の誕生日プレゼントを買いにいくために駅に向かっていたんだ。
上を見て歩いていたら、人とぶつかった。
よく見ると同い年の女の子だった。
どうしようか悩んでいたがこのままほっとく事もできなくて、
大丈夫ですか?と言って手を伸ばした。
そうこれが、妻と俺の出会いだ。

妻は道に迷っていたらしい、俺は顔を見たとき一目惚れだったので、そのまま道案内していた。
もちろん帰りに連絡先も聞いた。

それからメールしたりたまに会ったりして2人で楽しく遊んでいた。

出会ってから2ヶ月くらいで、付き合う事になった。
以外にも告白された。
妻も俺の事が好きになっていたらしい。
おれはすごく嬉しかった。

それからは休日はほとんど遊んでいた、
もちろんメールしたりもしてた。
そして無事高校生活も終わって
俺たちは大学生になった。
前から一緒の大学に行こうと相談していて
俺も了承した。
正直俺の頭で大学に行くのは難しいと先生に言われていた、けど妻の気持ちを無駄にはしたくなくてひたすら頑張った。
結果が出て受かった事を知った時本当に嬉しくて2人で抱き合っていた。

そして20歳になった時、
妻に突然別れようと言われた、
何がなんだか分からなかった。

俺はたまらず直接話がしたくて妻の家に向かった。
そこには妻の両親もいた。
俺は緊張してしまって何も言えずにいた。

妻が言うには自分は病気が原因で25歳になったら、その先生きていられるか分からない絶対に迷惑かけるから、だからこれ以上は駄目だと思った。
それを聞いて俺は泣きそうだった。
けどここで泣いたら流されてしまうと思ったから泣かなかった。
代わりに笑顔で両親に言った。

僕は、彼女に沢山の笑顔をもらいました、
いつも側で笑っていてくれて、それだけで幸せでした。
お願いします、彼女と最後まで一緒にいさせて下さい。

もちろん反対された、
後悔する前に諦めろって。
そんなんで諦められるわけがない。
だけど、諦められなかった。
そしたら妻が笑って言ったんだ。

そういう所に私は惚れたのかもね、
お父さん、お母さん、私も彼と一緒に最後までいたい。
両親はしばらく黙り、溜息をつきながら
好きにすればいい、そう言った。

そして俺達は21歳で結婚した。
それからは、妻との2人での生活。
俺は仕事に就くことが出来たから家事は妻がやった。
俺達はしばらくして新しい命を授かった。
その時は涙を流しながら抱き合った。
23歳ので娘が産まれた、毎日可愛がった。
けど、妻はこの頃から時々変なことを言うようになった。
娘を撫でながら妻は、この子は私が生きていた証、○○、この子のことお願いね?
そんな事を微笑みながら言う妻。
俺は何を言ってるかよく分からなかった。
何言ってんだよ、そんな返事しかできなかった。
妻はただ笑っていた。

24歳の時だった。妻がビデオテープを大量に買ってきた。
何それ?
妻に聞いて見た。
娘に残すテープよ、
その時から俺は理解し始めていた、
妻が時々言う言葉、それは自分が遠くへ行ってしまう事がわかっているから言う事だと。
俺は そうか。
それ以上の言葉が出なかった。

合計20本。
それが妻の残したテープだ、
そして、その日が来た。

妻が倒れた、急いで病院に運ばれた、
俺はただ手を握って見守る事しかできなかった。
医師からは、最後まで会話をしてあげて下さいと言われた。
俺は言われたとうりずっと側にいた、
しばらくして妻は目を覚ました、
俺を見つけて優しく微笑む、その笑顔が何故か幸せそうに見えた、

最愛の妻へ 現在 1127pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+