泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

ミッキーに会える

  1. TOP
  2. 交流
  3. ミッキーに会える

名前:無名さん 投稿日:2012-06-16

109 :ほんわか名無しさん :2007/04/20(金) 05:51:35

私が小学校高学年の頃の話です。

家族でディズニーランドへ行きました。

その当時トゥーンタウンという施設が出来たばかりで

その中にミッキーの家がありました。

なんでもそこではミッキーに会えるということで

小さい頃から彼のファンだった私は当然そこに行きたがりました。

SPONSORED LINK
しかし私以外の家族は全く興味なく、またそこには長蛇の列が並んでいたので敬遠し、

しかたなく私は一人で並びました。


1時間位並んだでしょうか。

ミッキーに会えるという期待感で胸が本当にワクワクしていました。

とうとう中に入れた時、ミッキーの家の夢溢れる内装に心踊らせていました。

最奥の部屋には待ちに待ったミッキーが待っています。

私はドキドキしながら足を踏み入れました。





110 :ほんわか名無しさん :2007/04/20(金) 05:53:48

部屋の中にはミッキーと係の人が一人いました。

どうやら持ち込みのカメラで記念撮影をしてもらえるらしいです。

私の前後にはカップルがいました。両者ともカメラを持って。

私の前のカップルは最速ミッキーと記念撮影をしました。

私はそれを持っていなかったので、ミッキーと握手出来るだけでもいい!と自分の番を心待ちにしていました。


「次の方こちらへどうぞ」


係員の人が言いました。

目線は私を通りこして後ろのカップルの方へ…。

多分子供の私に気付かなかったのでしょう。

一人でくる子もあまりいないだろうし。


111 :ほんわか名無しさん :2007/04/20(金) 05:55:27

ショックでした。

ミッキーは後ろにいたカップルと記念撮影をしています。

私はそこを後にしようとしました。

幼いながらも変なプライドがあったので、「こんなこともある、泣くなんてばかだ」なんて思いながら…。


悔しい…でも平静を装うと出口に向かおうとしたまさにその時、私の肩がポンポンと叩かれました。


振り向くとそこにはミッキーがいました。

両腕を広げながら…。

次の瞬間彼はぎゅっと私を抱き締めました。

私がボーゼンとしているとミッキーは私の手をとり握手をしてくれて、頭をポンポンと撫でてくれました。


帰りの通路の途中私は嬉しくて泣きました。

ミッキーに会える 現在 161pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+