泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

マルがくれたモノ

  1. TOP
  2. 動物
  3. マルがくれたモノ

名前:空 投稿日:2012-05-05

俺は小3の頃から柴犬を飼っている。名前は「マル」。
マルはすごいヤンチャでよく叱られていた。
でも、そんなマルのことを俺は大好きだった。
4年後俺が中1になったある日のことだった。
その日の夜、俺はいつもの様に眠りに入った。
すると不思議な夢を見た。
マルの夢だ。マルと出会ったあの頃から今までの事が自然と振り返られていった。マルとの密度濃い4年間、全てが振り返られた。

朝、俺はいつもより1時間早い、いつもと違う母の声で起こされた。
母の顔は明らかにいつもと違った。
青ざめていた。
そして母から告げられたのはマルの死だった。
言葉が出なかった。
頭が真っ白になった。

SPONSORED LINK
何もかもわからなくなった。
5分ほどで俺は我に返った。
この時初めて確信したマルの「死」。
涙が一気に溢れ出した。声が一気にもれだした。
マルの上に涙が1滴、2滴と垂れた。
しだいにマルの毛は涙に浸された。
何度も謝った。泣きながら謝った。「ごめんな」と何度も繰り返した。
マルには何もしてやれなかった。
マルの「親」として何も面倒を見てやれなかった。
それでもマルはいつも俺に飛びついて来てくれた。
甘えてくれた。
ペットになってくれた。
そんなことを想い俺はずっと泣き続けていた。

俺は今社会人として働いている。マルのことは今でも大好きだ。
最高の家族マルに最後にお礼を言わせてくれ。
ダメな親で悪かったな。それでもお前が大好きだ。ありがとうマル。あの日の夢はお前からの贈りモノだったんだな。この贈りモノはいつまでも俺の大切な「宝モノ」だ。

マルがくれたモノ 現在 86pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+