泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

あの時の決断

  1. TOP
  2. 家族
  3. あの時の決断

名前:ちひろ 投稿日:2011-02-19

8年前、私は彼氏と遠距離で付き合っているときに妊娠した。

相手はもちろん彼。

お盆に彼が帰省した時だ。

その時私は大学2年生。彼とは中学・高校と一緒で、高校を卒業して彼は県外に就職。私は地元の大学に進学していた。


妊娠を伝えると、彼は仕事を休んで帰ってきてくれた。

逃げ道になってしまうかもしれないけど私たちは中絶を選んだ。


SPONSORED LINK
だけど私は中絶したくなかった。
せっかく宿ってくれた命なのに、殺してしまう。彼のいない所で泣いた。すごく泣いた。


手術前日の夜。
病室に来てくれた彼の目が少し赤いことに気付いたけど、触れなかった。

その時私は、彼に言おうと決心していた。

「ねえ」
と私が言ったのと、彼が
「あのさ」
と言ったのは同時だった。

お互いが先に言ってよ、と言い合ったけど私が先に言った。

「あのね、自分勝手かもしれないけど、やっぱり中絶したくない。せっかく宿ってくれた命を殺したくない。でも○○(彼)がだめだっていうなら私1人でも産んで育てたい。○○のいない時に泣いて泣いて考えたんだけど、やっぱり産みたい」

彼は少しびっくりして私を抱きしめた後にこう言った。

「俺も同じこと言おうと思ってた。俺もお前がいないとこで考えた。泣いた。それでやっぱり産んでほしいって思った。これは俺の責任でもあるし、大学もどうするかはお前が決めるべきだけど中途半端にしてしまったことは本当に悪いと思っている。だけどもし良かったら俺と結婚して欲しい。俺はお前より早く働いてるんだし、お前との将来のためにちょっとずつだけど貯金もしてる。だから…結婚してください」


私泣いてた。

「ありがとう。こんな私で良かったら結婚してください。私だってバイトで貯めたお金ある。中途半端なことしたくないから大学はやめる。○○のアパートにおじゃましていいかな…?」

「本当に?ありがとう。本当にありがとう。言っとくけどできちゃった結婚じゃないからな。できちゃったから結婚するんじゃない。ずっとお前とは結婚するつもりだったから」





それから8年経ってその時の子どもも元気な7歳の男の子になっている。やんちゃすぎて少々手も焼くけど、愛しくて仕方がない。

あの時、中絶しなくてほんとによかった。彼にも息子にも感謝している。



彼と結婚式はあげてなかった。結婚指輪は数千円のペアリングを2人で選んだ。

息子が6歳の時、結婚式を挙げた。3人そろって。
もしあの時、中絶していたら彼とは別れていたかもしれない。そう思うと息子が繋いでてくれたようで泣けてくる。
ほんとにほんとに産んでよかった。

あと、来年の結婚記念日は4人になりそうです。



泣けない文、投稿してすいませんでした。気を害した方がいらっしゃったら申し訳ありませんでした。

あの時の決断 現在 91pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+