泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

もし君がいたら

  1. TOP
  2. 友達
  3. もし君がいたら

名前:シアワセ者 投稿日:2009-09-25

投稿日:2009/05/28 投稿者:シアワセ者

これは俺の今はいない友達への感謝の気持ちやありがとうの気持ちだ
若くして逝ってしまった友人へ
俺がお前と初めて出会ったのは幼稚園!それから中学卒業まで同じ部活で良くくだらない喧嘩や話しをしたな。君はいつも自分の事より他人の事ばかり心配していたな。
多分君のお節介な所が俺達の腐れ縁のキッカケになったんだよ。
中学を卒業し別々の高校に進学したけど毎朝駅で顔を合わせてたし、帰りもたまたま駅で一緒になった時はいつも恋愛話しを長ったらしく空が暗くなるまでしてたな。
俺達の話しのスタンスはほとんど君が俺の話しを聞いて頷いたり笑ったり泣いたり共感したり怒ったりしてたな。君はいつも聞き上手だから俺は君に頼ってばっかりだったな。
そんな高校時代に君は俺にある女性を紹介してくれたね。君も知っている通り結局その娘とは四年半付き合って二股賭けられてフラれたけど今となっては良い想い出だ!
今思い出したけどそういえばこんなこともあったな!その娘が俺と付き合っているのに元カレと逢っていてその事を知った正義感か俺への罪悪感か君は彼女にそれを俺の前で正たね。
でも馬鹿な俺は君が彼女をいじめていると思い喧嘩して3年間位話しもしなかったね。俺はその事実を知ったのは君の葬儀後だったよ。しかも君が最終的には嫌っていたその娘に直接聞いたんだ。ゴメンなっ!
その娘は葬儀には来れなかったが通夜には来て泣いていたぞ!君の訃報を悔やんでいたから許してやってくれ。
今思うといつも君は俺の味方でいてくれたよな。
ある事で10対俺一人でモメテいる時も君は俺を信じてくれたね。結局俺が正しかったんだけど、何故君はいつも俺の味方をしてくれたんだい?生前にこんな質問出来なかったよ。何か照れ臭くてね。

SPONSORED LINK
そんな君の人生が痛々しくなったのはいつからだったの?俺が知ったのは事後だったから今思うと悔しくて悔しくて堪らないよ。
たらればの話しになってしまうけど今でも俺がもっと助けてあげられたんじゃないかと悔やむよ。
だってそうだろう?幼なじみだし、彼女より俺を理解してくれたたった一人の友達を亡くしたんだよ。
いつまでも悔しくて悲しいよ!君が入院したと聞き急いで向かおうとしたら、君に後日来てくれと言われ行けなかった事もあったな。
多分君は自分の弱い所を俺に見せたく無かったんだろ?病院名すら教え無かったのは普通の病気じゃ無かったからなんだろ?
でも俺は全部知っていたよ。今だから言えるけど病気を隠す君に気を使って知らないふりをしていたよ。
その後君から退院の連絡を貰った時は素直に嬉しかったよ。
退院して新たな職場でも君は頑張っていたそうだね。その職場の先輩を連れていきなり今から○○まで急いで来いと言って無理矢理飲みに呼んだことがあったね。
でもその日は俺の23回目の誕生日でした。
その時俺は仕事で失恋のショックを隠そうとしていて自分の誕生日を知らない振りしていたよ!しかも失恋の日がちょうど一年前!忘れもしない自分の誕生日だったから傷も深かった。
そんな俺を気遣かってくれたんだろ?ありがとう。
すごく嬉しかったよ。励みになった。
その後仕事も忙しくなかなか連絡もとれなくて話せなかったね。
君に誕生日を祝って貰ってから約半年後俺は運命の人出会ったよ!今俺のお嫁さんだよ!
君に『彼女が出来たっ!』って言って驚かせようと思って内緒にしてたんだ。
正月にでも彼女を紹介しようとして正月を楽しみにしていた矢先に君の突然過ぎる訃報を知らされたよ。
その知らせを信じたくなくて直ぐ自分の目で確かめに行ったよ。その道中では嘘だと自分に何度も言い聞かせた。
でも君の家に着いたらそこには疲れ切った君の家族が居たよ。それで俺には十分だった。
それからみんなに電話したら凄い人数が直ぐに集まったぞ!これは君の人間性だな!君の死をこんなにも沢山の人が悔やんでたぞ!
ありがたいな。
得に俺達の同級生はほとんど来たぞ!
多分君だから集まったんだ!俺だったら多分君がいない分、集まってもごく小数だよ。
こんなに人が集まったのに君への弔辞は俺だったんだぜっ!
笑うだろ?俺は寝ずに弔辞を考えたんだけどやっぱり別れるのが辛くて上手く書けなかったよ。
しかも当日は涙でただでさえ俺の汚い字が余計に読めなかったよ。肝心なときにスマンッ!
君の葬儀が終わってから友人と飲みに行って君の話しを尽きる事なく笑いながら泣きながら悔しさを堪えて旨い酒を飲んで供養したからな。

いつも人の事ばかり心配して自分の事は後回しな君へ報告があります。
今俺は君に紹介しようとしていた彼女が今は妻です。結婚しました。
結婚式に君を呼びたかったよ。心配かけた君に祝って欲しかったよ。
最高の結婚式だったけど君だけが足りなかった。祝辞の言葉が一つだけ足りなかったよ。
君がいなくなってから俺の嫁に君の事を沢山話したよ。俺との腐れ縁や君が愛した人との酷い別れや病気の事、病気を克服して社会復帰した直後の訃報。
今ここに書いてあること全部話したよ。それを聞いた嫁は『逢いたかった』って言ってくれたから君のお墓に連れていって二人で手を合わせたよ。

不思議な事に俺の嫁はビックリする位俺の事信じてくれるし大事にしてくれる。君がいたら女同士かなり仲良くなって俺の事いじめてるよ。しかも爆笑しながら楽しそうにね!
俺は今本当に幸せだよ!君が心配使用がないくらい!
でも時々思うんだよ。俺は君に上手くありがとうを伝えたことが無かったと。
喧嘩した後謝ったことすら無かった気がするよ!
だから最後に今まで迷惑かけてゴメンナサイ!
いつも味方でいて励ましてくれてありがとう(v^-゚)

PS
たまには夢に出て来たと思ったら俺を泣かせて夢から覚まさないでよ

もし君がいたら 現在 127pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+