泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

バイバイじいちゃん

  1. TOP
  2. 家族
  3. バイバイじいちゃん

名前:つのっち 投稿日:2009-09-25

投稿日:2009/05/10 投稿者:つのっち

オレには離れて住む変なじいちゃんがいる。

人の顔の前でオナラしたり‥‥‥いっつも酒飲んでて‥‥‥でもすごいユニークで。

オレはそんなじいちゃんが大好きだった。

オレは今25歳。

オレが20歳になる前、よくじいちゃんが

『20歳になったら一緒に酒を飲もう』

SPONSORED LINK
なんて言ってたけど‥‥‥

大人になるとそれなりに忙しいし、もうガキじゃないからじいちゃんちに行っても面白い事なんて特にないし、ついつい遊びに行かずにいた。



2008年1月

じいちゃんが入院した。

オレはビックリしたんだがじいちゃんは81年間生きてきて初めての入院だったらしい。

母親から胃潰瘍だって聞いていた。



2008年2月

本当は腎臓ガンだと教えられた。

かなり進行しているらしく手術をしなければならないらしい。

しかしまだじいちゃんは自分の病気を知らない。



2008年3月

じいちゃんに真実を話す。

あんなに明るいじいちゃんもふいに

『ここまでだな』

なんて言っていた事を聞いた。

そして手術をした。

腎臓を3分の2も切り取る手術だったが無事成功し、じいちゃんは入院していた。

オレはお見舞いに行った。

正直弱ったじいちゃんを目の前になんて声を掛けていいかなんて分からずにたあいもない話だけをした。

じいちゃんは

『彼女を連れてこい』

なんて言ってた。

そして帰り際

『ありがとう』

なんて言いながらじいちゃんは泣いた。

初めて見たじいちゃんの涙だった。

オレもつられて泣いてしまった。



2008年4月

無事退院。

オレはこうなって初めて気付く。

大切な人、気付いた時にはもういない。

オレはじいちゃんとと一緒に酒を飲む約束も破ってしまった。

もう一生叶わない。

だからオレは彼女を連れてじいちゃんちを訪ねた。

じいちゃんは自分の部屋に閉じこもってろくに出て来なかったけど照れてたのは分かってた。

本当は嬉しいクセに、じいちゃんはそーゆー人だ。



2008年5月

じいちゃんの容態が急変。

バイバイじいちゃん 現在 133pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+