泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

従姉に恋をした

  1. TOP
  2. 恋人
  3. 従姉に恋をした
座布団も茶も出なかった。
まあ当然だろう、と俺は気合を入れてオヤジさんと話し始めた。

「はじめまして。大塚と申します」
「話は聞いてる。認めない」

呆気にとられた。

「私たち夫婦に残されたのはこの娘だけだ。この娘までとられたらこの先、
 私たちの面倒は誰が見る?」

俺はめげない。

「私が婿入りしないとしても、それはお義父さんたちの世話をしないという
SPONSORED LINK
 ことではありません。ただ一緒に暮らせないというだけであって、お義父
 さんたちから彼女を奪うつもりはないのです。
 私を家族として認めていただきたいのです」

ここまで理路整然と話ができたかはおぼえていない。
オヤジさんは聞く耳を持ってくれなかった。

「家族になりたかったら、戸籍上でも正式になりなさい」

太田のお父さんのことが頭に浮かんだ。
血のつながりや戸籍についての考え方、それは人によってこうまで違うもの
なのか。そんなことを考えたり聞いたりしたことがなかった人生だった
俺だから、二の句が出てこなかった。

情けないが彼女に目を向けた。ヘルプミーだった。
しかし彼女はずっと目を伏せたまま、とうとう最後まで一言も口を開くこと
はなかった。

11 名前:1 ◆SemWiFNIUE [] 投稿日:2005/11/11(金) 18:43:00
とりあえず、また今度お伺いしますと辞去した。彼女が車で送ってくれた。

車中は静かなものだった。俺は戸惑いやら怒りやらで混乱した頭を押さえ
つけ、精一杯、虚勢をはった。

「まあ、時間をかけてがんばる…か!」

その俺の言葉も彼女は聞いていないかのように、ポツリと言った。

「無理かも…」

俺は爆発した。

「なんでだよ!?まだ一回目だぞ!ふたりでがんばろうって言っただ!?」

彼女はすっかり怖気づいていた。すぐに冷静さを取り戻した俺は、やんわり
と、なだめすかしながら、しかし結論も出せずにこの日は彼女と別れた。

翌日は彼女とのデートだった。うまく事がすすんでいたら、本当は俺の両親
(もちろん太田のお父さんも含め)に挨拶に行くはずだった日。
甘かったな~と苦笑しつつ、彼女との待ち合わせ場所である喫茶店へと
入る。いつもの席に彼女がいた。

彼女はいつもと変わらなかった。俺もいつもと変わらないように装った。
俺のバカ話にケタケタと笑う彼女に安心し、昨日の話を切り出した。

「昨日は情けない終わり方になっちゃってごめん。甘かったよ俺」

下げた頭を戻すと彼女の強張った顔があった。…ん?なんだ?? 
話を続けた。

「早いうちにリベンジしたいから、お義父さんたちの都合を確認しといてく
 れるかい?」
「うん。わかった」

彼女の顔がいつもの顔に戻った。また安心した。

「ゆっくりと、時間をかけてがんばろうな」

むしろ自分に言い聞かせるように言った。
そして彼女に会ったのはこれが最後になった。



12 名前:1 ◆SemWiFNIUE [] 投稿日:2005/11/11(金) 18:44:51
オヤジさんたちの予定を確認するため、俺は何度も彼女に電話をした。
仕事が忙しくもあったので、直接彼女に会えなかったからだ。

しかしいつ聞いても、都合が悪いらしい、の一言だけ。
オヤジさんは観光バスの運転手だったから、そりゃ仕方ないかと始めのうち
は納得してた。しかし3週間、4週間先の予定を聞いても同じ返事が返ってくる。

ああ…まだ彼女は怖気づいているんだな、と感じ、俺は少し彼女に時間を
与えようと思った。その話が終わると、電話口の彼女の声はうってかわって
明るくなった。

次のデートはあそこに行こうよ、ホワイトデー期待してるゾ、etc.etc…。
ちょっとムッとした。
そんな目先の楽しみで誤魔化したって仕方ないんだぞ。優先すべきことから
逃げるなよ、と。

今度いつ会える?と聞いてきた彼女に、俺は仕事を理由に
「ちょっとしばらく難しいな~」
などと意地悪をした。会えないほどの忙しさではなかったけれど、彼女が
オヤジさんたちの都合を取り付けてくるまで会うまい、と俺は決めてしまった。

…今思うと、なんて度量の小さいヤツなんだ俺は。

従姉に恋をした 現在 21642pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+