泣ける話ちゃんねる|泣ける話と感動する話で涙腺崩壊

雌猫のミミ

  1. TOP
  2. 動物
  3. 雌猫のミミ

名前:匿名さん 投稿日:2009-09-25

投稿日:2008/08/24 投稿者:匿名さん

以前、「ミミ」という雌猫を飼っていたときの話です。

ミミは祖母の知人の家で生まれました。甘えん坊の可愛い猫になり、毎日私の膝の上に来てお昼寝していました。

ミミが私の家に来て約1年が経った頃、ミミは妊娠しました。
しかし出産は難産になり、出産2日目に、ミミはいなくなりました。
猫は自分の死期を悟ると、いなくなるでしょう?まさにそれでした。

しかしそのときは祖父が見つけて、連れ帰って来ました。
でも、そのときのミミは全身泥にまみれて目はブルーだったのにまっ黄色に。お腹の中で仔猫が死んでいるのか、異臭が漂っていました。
夜になり、私はミミの側にいました。哀しくはありましたが、泣いてはいませんでした。
「そろそろ寝ようかな…」

SPONSORED LINK
そう思っていたとき、ミミが体をゆっくり起こし、私の膝に乗ってこようとしました。
「!!
ダメ!動くのも辛いのに…」
そう思った瞬間、私はせきを切ったように泣き出しました。
「ミミ、こうできるのも最後なんだね?
辛いでしょう?何もしてあげれなくてごめんね。ごめんね。ごめんね。
ミミ、今までありがとう」

ミミは、翌日の昼に旅立ちました。
…天国で仔猫達と暮らせてると良いなぁ

雌猫のミミ 現在 101pt 泣けた

関連する泣ける話

SPONSORED LINK

泣けるコメント

コメント募集中

  • コメントは投稿規約をよく確認してください
SPONSORED LINK

あわせて読みたい

Code:+